こんな有名な会社までもが。

使ってはいけない食材を使う、これが1番悪いことなのです.

この前のブログでも書きました。

なんとかミールとか、粉関係はまずいと。

しかし会社としてはそれを擦る必要があるのです。

そうしないと安く済ますことができないからでしょう.

絶対によろしくないわけです。

動物にいい物を与える必要は無い。という発想があるのかもしれません。

人間の食べない部分を動物に与えるのはいいのです。

うまくかつようされているのであればのことですけど。

しかも、有名なブランドである会社でも使われているのです。

多くの方が安全だと思って買っているはずの○イヤル●ナンでもあります。

「没食子酸プロピル」、「BHA」等の危険な成分が含まれています。

これはやばいです。どこを信じて購入すればいいんだ・・・。

そう考えるのも無理はありません。

しかし、結局は飼い主の責任です。

きちんと調べて与えるべきなのです。

あとから販売会社に文句をいってもダメなんですよ。

こわいのがこの表示だ。

怖い記事を見つけました。

4D材料のことです。

これは、「Dead=死んでいる」のD,「Dying=死にかけている」のD「Disabled=不具合」のD「Diseasd=病気である」のDということで、普通人間が食べられないレベル以下の食材を言います。

大丈夫?と思いますよね?

いくらペットでもこれはダメだろうと思うわけですが、ペットフード業界では平気で認可されているのです。

どんなペットフードなんてごくごくわずかだろうとか

珍しいものだろうだとか粗悪品だから普通に売られていないだろうと

思いがちです.

またネットなどで購入するものなどと考えると思うのですが、

実はそうではありません.

一般的に売られているのです.

うらの材料表示のところにみてもらったらわかります.

これが1番恐ろしいのです。

こういうところしっかりと。見ておかなければなりません

ではなぜこれがペットに良くないのかといいますと

がんなどになりやすくなってしまうからです.

含まれている物が違う

比較してみてわかったのですが、

大型犬と小型犬ではふくまれている成分の量が違うのだと思っていました.

しかしそうではないのです
大型犬の場合にふくまれている物もしくは

小型犬だけにふくまれているものもしくは

その犬だからこそ含まれていないものなど

同じペットフードでも成分が全く違うということもあるのです。

という事を知りました.

肉の量も全く違ってきますし、野菜などによっては含まれないものもあります.

これはあくまで推測なのですが、大型犬の場合は少々食べても大丈夫な食材があるのにたいして、小型犬では少量でも口にしてしまうと体を悪くしてしまったりするものもあるのだと思うのです.

ちょっとしたことなのですが、こういうところがさすがペットフードだなと思います.

研究されているからこそわかるのでしょうね.

素人では全くわからないところだと思います.

危険だからこそ安全に食べさせると考えてもペットフードに頼るのはいいんですね。

比較だけでは早計です。

ここではあくまで Blog として

比較対象のものをということで、

ペットフードを取り上げています.

しかし、これが良いからお勧めであるとか

悪いからだめだとか言うこと言っているのではありません.

犬によってはもしくは体質によっては合わない場合もありますし、

その犬にとっては、他の犬にあわないようなペットフードも

そのいぬのためにつくられたかのように合うものもありますので

一概には言えませんが参考程度にとらえられると嬉しいです。

ユーザーの評価もありますので、

そういうところを参考にされると良いと思いますし、

それだけではなく、成分なども必ずチェックしておきます。

ワンちゃんによってはアレルギーなどの症状が出る場合もありますので、

しっかりと調べておくと良いでしょう.

食べ物はすべての基本です.

だからこそ慎重にかつ丁寧に調べるべきだと思います.

大事なペット。

少しでも長生きさせるためにも、食事をより真剣に力を入れることが大切だと思います.

大型犬のドッグフード

大型犬と言えば、よく比較で紹介するのが

ユーカヌバ アダルト ラム&ライス 成犬用 中・大型犬用 1歳以上

なのですが、これはとても沢山の量が入っていて、使い勝手がよく、いいと思います.

ただ欠点というわけではないのですが、一つここで紹介したいなと思うのは、8月末までにこれが生産終了してしまうという事です.

とても残念だと思いますが、新しくリニューアルされるということでほっとしています.

それともう一つ引っ掛かる点とすれば、これにはジッパーがついていないので、どうしてもしけってしまうという欠点があります.

販売元はもともとポーランドですので、そこでの文化では大型犬を沢山かっているせいか、そういう方にジップを付けるまでもなく、それまでに食べきってしまうという点があるのかもしれませんが、

日本ではそれほど沢山飼えるわけではありませんので、このジッパーがない点がちょっと残念だなと思います。

内容は素晴らしいのでまた次に言いますね。

 

鹿肉の効果はすごい。

前回のブログで書きましたが、

確かに鹿肉がやっぱりとてもいいわけです.

ではなぜ鹿の肉がいいのかということですが、

赤肉であり、脂肪分が少ないという事でもあったり、

ここでブログのタイトルにもありますように

犬の体型に合わせたペットフードの比較ということですが、

大きいのでも小さいのでも

どんな犬でもこの鹿の肉というのは、

ぴったり合うといえます.

たべ過ぎても大丈夫だし、仮にあまり食べなかったとしても、十分栄養がとれるという優れた食材です。

また、どのわんちゃんでも食いつきが違いますので、この点も評価できます.

他のペットフードとの比較の対象にならないほど素晴らしい商品ですので、この鹿肉を食材としているペットフードは丸印だといえるのではないでしょうか.
もっと他にもいいものを使ったペットフードを紹介するつもりですし、他にもすぐれたドッグフードという意味でもっともっと調べて行こうと思っています。

次は変わった食材を紹介できたらと思います。

低カロリーのえさにはなんとあの素材が。

http://www.dogstance.com/lp/lite/?ad_code=ym18

このサイトをご覧になっていただければ

よくわかると思うのですが、

ダイエットドッグフードとして最適だと思いませんか.
ここで使われているのか何と鹿の肉だということです.

鹿の肉には、栄養がしっかりとあるにもかかわらず、

低カロリーで脂肪がとても少ないので有名です.

それを惜しげもなくしっかりと

犬のえさとして使われているのですから

本当に素晴らしいと感じます.

でも私たちも同じで、低カロリーのものってあんまり美味しくないんですよね.

特にワンちゃんたちが食べないとなってしまっては、せっかくのえさであっても意味がないような気がします.

ところがこのえさに関してはガツガツと食べてくれるので、その点でも安心だし、どんどんとダイエットできているワンちゃんを見るとうれしくて仕方がないと思います.

こういったドッグフードもやっぱり世の中ではきちんと需要があるんですよね.

大切にされているもんちゃんだからこそ、犬のことを気づかう飼い主の方が多いということなのでしょう.

カロリーの低いドッグフード

常に走っている犬の場合のドッグフード

については前回、のべたと思います.

これについては、意外とみんな知っているんですよね。

なぜかというと、「うちの犬はとても元気だから

えいようのあるなものをしっかりと食べさせたい」

と思ってる方も沢山いるからです。

ところがじっととしているようなわんちゃんとか、

室内犬とかふとっている犬の場合は、

どちらかというとあまり食べさせたくない

というのが本音だと思います。

あまり動かない分、栄養を取りすぎると

その分脂肪として蓄えることになってしまうからです。

ですので、カロリーができるだけ少ないものが

おすすめだという事になります。

これについては何回か書いてみたいなぁと思います。

比較対象として本当に有益なことが沢山書いてありますから。

どうすればカロリーが少なくて済むのかというよりも

どんな材料を使っているのかということに

皆さん興味があると思うので

ちょっと調べたことを述べてみたいなと思っています.

例えば低カロリーの食材というと、人間用ならばこんにゃくなんて有名ですが、

ドッグフードでは一般的ではないですよね?

でも、最近では療法食という名前で、ダイエット用のドッグフードだって販売されています。

サイエンスダイエットというフードなどが有名ですので、聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

私もまだ勉強中なので、情報が整理できてから記事にしてみたいと思います。

走り回る犬用のドッグフード

例えば羊の世話をするような犬の場合は

本当に朝から夜までかけずり回っています.

これって別に人間の言うことを聞いて

羊を世話しろということで、やっているわけではありません.
羊たちを元のところに戻すために

彼らは使命を持って、一生懸命やっているわけです.

そこで彼らの食事(エサ)をみてみると、

やっぱり肉中心のえさになっていることが多いようです.

ただ単なる平らなところで走り回るのとは違い、

山岳地域になると上り下りの激しいところが沢山あります。

そこでしっかりとエネルギーを使えるようにと

いうことで考え出されたドッグフードということになりますね.

エネルギーを効率よく使うために油をしっかりと落とし

なおかつ赤身の多い所がこのドッグフードには沢山あるように感じられます.
走り慣れている犬がしっかりと走れるようにということで

考え出されたドッグフードだという事になりますね。

我々が見てみてもおいしそうなドッグフードであることが多いようです.

例えば最近では、ドッグフード業界も高級路線が流行っているようで、肉の素材にもこだわったプレミアムドッグフードというものが流行っているみたいなんですね。

先ほど調べてみたら、既にインターネットでも多くのレビューが出ていて(例えばこのサイト⇒http://www.senior-dog-food.net/)、このような動物性タンパク質が豊富なドライフードを選ぶのが良いのだろうと思います。

 

おなじ犬でも地域で違う。

犬はそれぞれ体格・体型が違います.

そんなことわかっているのですが、
ここでのテーマでもあるように

そうなるとかわってくるわけですよね.
でも同じ品種で同じ体格にあったとしても、

海外製品によれば、全く食べる量も質も違ってくることがあるのです.
これが面白いです.

例えば暑い所の地域のわんちゃんの場合は

やっぱり食べる量がとても多く、そこで売られているドッグフードもとても量が多いわけです.

ところが、寒い地域になってくると、

同じ種類の犬であったとしても、
食べる量はそれほど多くありません.

おそらくエネルギーが消費できないからでは
ないかと思うのです.

また、油分も暖かいところにも寒いところの方が多く含まれています.

おそらく動かない分熱が発生しない、だからこそ、脂分をとらせてなるべく寒さを防ぐようにということで、

油分が含まれているんでしょうね.

地域によって違うところがとても面白いなと思います.

もっと見ていくとさらに分類されていくのでしょうね。

 

それ以外にも、犬種の違いや祖先の違いもあるかもしれないとも思います。

例えば、これは愛犬家の皆様ならご存知かもしれませんが、以下のウィキペディアの記事で解るように、犬の祖先はもともとは狼であったことが知られています。

イヌの起源

寒さに強い狼ですが、それでは南方の犬になると、この狼の遺伝情報はまだ残っているのでしょうか?

こういった事も犬の地域性と個性を考えると、微妙に関係があるのかもしれませんよね。