気付くこと

犬の管理をしてそれを記録として残していきますが、その記録を見ていると本当に同じ犬でも全く違った形でデータが残っているのでこれはとても興味深いものです。

同じ物を与えて同じことをしていても体の大きさの違いが出てきたり、全く本当に同じ犬なのかと思うほど差ができたりするのはびっくりします。

そういう時は途中から食事をかえます。

大きい子はそのまま体の小さい子は、できる限り栄養面を沢山与えていき、同じぐらいの大きさにそろえていきます。あまり大きくすることは売れ残りますので、そのバランスがとても難しいということになります。

また急激に食べ物を変えたりするとそれによって体調の変化もありますので、この点がとても難しいところになります。

やっぱりこういうときもドッグフードを食べられるようになるととても大きいと思います。ドッグフードの選別も私たちの腕の見せ所になるんですよ。

おいしいえさはワンちゃんが健康に育ってくれますから。