低カロリーのえさにはなんとあの素材が。

http://www.dogstance.com/lp/lite/?ad_code=ym18

このサイトをご覧になっていただければ

よくわかると思うのですが、

ダイエットドッグフードとして最適だと思いませんか.
ここで使われているのか何と鹿の肉だということです.

鹿の肉には、栄養がしっかりとあるにもかかわらず、

低カロリーで脂肪がとても少ないので有名です.

それを惜しげもなくしっかりと

犬のえさとして使われているのですから

本当に素晴らしいと感じます.

でも私たちも同じで、低カロリーのものってあんまり美味しくないんですよね.

特にワンちゃんたちが食べないとなってしまっては、せっかくのえさであっても意味がないような気がします.

ところがこのえさに関してはガツガツと食べてくれるので、その点でも安心だし、どんどんとダイエットできているワンちゃんを見るとうれしくて仕方がないと思います.

こういったドッグフードもやっぱり世の中ではきちんと需要があるんですよね.

大切にされているもんちゃんだからこそ、犬のことを気づかう飼い主の方が多いということなのでしょう.

カロリーの低いドッグフード

常に走っている犬の場合のドッグフード

については前回、のべたと思います.

これについては、意外とみんな知っているんですよね。

なぜかというと、「うちの犬はとても元気だから

えいようのあるなものをしっかりと食べさせたい」

と思ってる方も沢山いるからです。

ところがじっととしているようなわんちゃんとか、

室内犬とかふとっている犬の場合は、

どちらかというとあまり食べさせたくない

というのが本音だと思います。

あまり動かない分、栄養を取りすぎると

その分脂肪として蓄えることになってしまうからです。

ですので、カロリーができるだけ少ないものが

おすすめだという事になります。

これについては何回か書いてみたいなぁと思います。

比較対象として本当に有益なことが沢山書いてありますから。

どうすればカロリーが少なくて済むのかというよりも

どんな材料を使っているのかということに

皆さん興味があると思うので

ちょっと調べたことを述べてみたいなと思っています.

例えば低カロリーの食材というと、人間用ならばこんにゃくなんて有名ですが、

ドッグフードでは一般的ではないですよね?

でも、最近では療法食という名前で、ダイエット用のドッグフードだって販売されています。

サイエンスダイエットというフードなどが有名ですので、聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

私もまだ勉強中なので、情報が整理できてから記事にしてみたいと思います。

走り回る犬用のドッグフード

例えば羊の世話をするような犬の場合は

本当に朝から夜までかけずり回っています.

これって別に人間の言うことを聞いて

羊を世話しろということで、やっているわけではありません.
羊たちを元のところに戻すために

彼らは使命を持って、一生懸命やっているわけです.

そこで彼らの食事(エサ)をみてみると、

やっぱり肉中心のえさになっていることが多いようです.

ただ単なる平らなところで走り回るのとは違い、

山岳地域になると上り下りの激しいところが沢山あります。

そこでしっかりとエネルギーを使えるようにと

いうことで考え出されたドッグフードということになりますね.

エネルギーを効率よく使うために油をしっかりと落とし

なおかつ赤身の多い所がこのドッグフードには沢山あるように感じられます.
走り慣れている犬がしっかりと走れるようにということで

考え出されたドッグフードだという事になりますね。

我々が見てみてもおいしそうなドッグフードであることが多いようです.

例えば最近では、ドッグフード業界も高級路線が流行っているようで、肉の素材にもこだわったプレミアムドッグフードというものが流行っているみたいなんですね。

先ほど調べてみたら、既にインターネットでも多くのレビューが出ていて(例えばこのサイト⇒http://www.senior-dog-food.net/)、このような動物性タンパク質が豊富なドライフードを選ぶのが良いのだろうと思います。

 

おなじ犬でも地域で違う。

犬はそれぞれ体格・体型が違います.

そんなことわかっているのですが、
ここでのテーマでもあるように

そうなるとかわってくるわけですよね.
でも同じ品種で同じ体格にあったとしても、

海外製品によれば、全く食べる量も質も違ってくることがあるのです.
これが面白いです.

例えば暑い所の地域のわんちゃんの場合は

やっぱり食べる量がとても多く、そこで売られているドッグフードもとても量が多いわけです.

ところが、寒い地域になってくると、

同じ種類の犬であったとしても、
食べる量はそれほど多くありません.

おそらくエネルギーが消費できないからでは
ないかと思うのです.

また、油分も暖かいところにも寒いところの方が多く含まれています.

おそらく動かない分熱が発生しない、だからこそ、脂分をとらせてなるべく寒さを防ぐようにということで、

油分が含まれているんでしょうね.

地域によって違うところがとても面白いなと思います.

もっと見ていくとさらに分類されていくのでしょうね。

 

それ以外にも、犬種の違いや祖先の違いもあるかもしれないとも思います。

例えば、これは愛犬家の皆様ならご存知かもしれませんが、以下のウィキペディアの記事で解るように、犬の祖先はもともとは狼であったことが知られています。

イヌの起源

寒さに強い狼ですが、それでは南方の犬になると、この狼の遺伝情報はまだ残っているのでしょうか?

こういった事も犬の地域性と個性を考えると、微妙に関係があるのかもしれませんよね。