こんな有名な会社までもが。

使ってはいけない食材を使う、これが1番悪いことなのです.

この前のブログでも書きました。

なんとかミールとか、粉関係はまずいと。

しかし会社としてはそれを擦る必要があるのです。

そうしないと安く済ますことができないからでしょう.

絶対によろしくないわけです。

動物にいい物を与える必要は無い。という発想があるのかもしれません。

人間の食べない部分を動物に与えるのはいいのです。

うまくかつようされているのであればのことですけど。

しかも、有名なブランドである会社でも使われているのです。

多くの方が安全だと思って買っているはずの○イヤル●ナンでもあります。

「没食子酸プロピル」、「BHA」等の危険な成分が含まれています。

これはやばいです。どこを信じて購入すればいいんだ・・・。

そう考えるのも無理はありません。

しかし、結局は飼い主の責任です。

きちんと調べて与えるべきなのです。

あとから販売会社に文句をいってもダメなんですよ。

こわいのがこの表示だ。

怖い記事を見つけました。

4D材料のことです。

これは、「Dead=死んでいる」のD,「Dying=死にかけている」のD「Disabled=不具合」のD「Diseasd=病気である」のDということで、普通人間が食べられないレベル以下の食材を言います。

大丈夫?と思いますよね?

いくらペットでもこれはダメだろうと思うわけですが、ペットフード業界では平気で認可されているのです。

どんなペットフードなんてごくごくわずかだろうとか

珍しいものだろうだとか粗悪品だから普通に売られていないだろうと

思いがちです.

またネットなどで購入するものなどと考えると思うのですが、

実はそうではありません.

一般的に売られているのです.

うらの材料表示のところにみてもらったらわかります.

これが1番恐ろしいのです。

こういうところしっかりと。見ておかなければなりません

ではなぜこれがペットに良くないのかといいますと

がんなどになりやすくなってしまうからです.

含まれている物が違う

比較してみてわかったのですが、

大型犬と小型犬ではふくまれている成分の量が違うのだと思っていました.

しかしそうではないのです
大型犬の場合にふくまれている物もしくは

小型犬だけにふくまれているものもしくは

その犬だからこそ含まれていないものなど

同じペットフードでも成分が全く違うということもあるのです。

という事を知りました.

肉の量も全く違ってきますし、野菜などによっては含まれないものもあります.

これはあくまで推測なのですが、大型犬の場合は少々食べても大丈夫な食材があるのにたいして、小型犬では少量でも口にしてしまうと体を悪くしてしまったりするものもあるのだと思うのです.

ちょっとしたことなのですが、こういうところがさすがペットフードだなと思います.

研究されているからこそわかるのでしょうね.

素人では全くわからないところだと思います.

危険だからこそ安全に食べさせると考えてもペットフードに頼るのはいいんですね。

比較だけでは早計です。

ここではあくまで Blog として

比較対象のものをということで、

ペットフードを取り上げています.

しかし、これが良いからお勧めであるとか

悪いからだめだとか言うこと言っているのではありません.

犬によってはもしくは体質によっては合わない場合もありますし、

その犬にとっては、他の犬にあわないようなペットフードも

そのいぬのためにつくられたかのように合うものもありますので

一概には言えませんが参考程度にとらえられると嬉しいです。

ユーザーの評価もありますので、

そういうところを参考にされると良いと思いますし、

それだけではなく、成分なども必ずチェックしておきます。

ワンちゃんによってはアレルギーなどの症状が出る場合もありますので、

しっかりと調べておくと良いでしょう.

食べ物はすべての基本です.

だからこそ慎重にかつ丁寧に調べるべきだと思います.

大事なペット。

少しでも長生きさせるためにも、食事をより真剣に力を入れることが大切だと思います.

大型犬のドッグフード

大型犬と言えば、よく比較で紹介するのが

ユーカヌバ アダルト ラム&ライス 成犬用 中・大型犬用 1歳以上

なのですが、これはとても沢山の量が入っていて、使い勝手がよく、いいと思います.

ただ欠点というわけではないのですが、一つここで紹介したいなと思うのは、8月末までにこれが生産終了してしまうという事です.

とても残念だと思いますが、新しくリニューアルされるということでほっとしています.

それともう一つ引っ掛かる点とすれば、これにはジッパーがついていないので、どうしてもしけってしまうという欠点があります.

販売元はもともとポーランドですので、そこでの文化では大型犬を沢山かっているせいか、そういう方にジップを付けるまでもなく、それまでに食べきってしまうという点があるのかもしれませんが、

日本ではそれほど沢山飼えるわけではありませんので、このジッパーがない点がちょっと残念だなと思います。

内容は素晴らしいのでまた次に言いますね。